シミュレータ環境による検証の実施内容

エイアイキューブがお客様にご準備いただいたワークに対して把持位置または吸着位置を特定するAIモデルを作成し、任意のバラ積み画像に対して把持位置または吸着位置が出力されるかをシミュレータ環境で検証します。検証開始から2週間を目安に検証結果を報告させていただいます。
※ 本検証はロボット実機を使ったピッキングの検証では御座いません。

ご利用条件

ワークについて
・対象ワークは定形物、半透明物、不定形物、柔軟物になります。

サンプル画像
・対象ワークのサイズは、下図のサイズの物までになります。
サンプル画像
・検証にはワークのバラ積み画像が必要になります。ワークをエイアイキューブに送っていただき弊社環境でバラ積み画像の撮影もしくはお客様の環境でバラ積み画像を撮影いただく必要があります。
ハンドについて
把持か吸着を選択頂けます。把持に関してはワークにおける把持領域を指定して頂くことも可能です。

サンプル画像

お問い合わせ